com-assets_c-2015-07-OOK863_neccyusyou-thumb-1000xauto-18743

毎日暑いです! 特に今年は関東地方が暑いというニュースを見たばかりなのですが、
私も何度か熱中症かも? と思うような症状を経験しました。


まず、熱中症の初期症状として起きるのが以下の3つ。
●めまい・失神
●筋肉痛・筋肉の硬直
●大量の発汗

めまいと失神は、立ちくらみなど、脳への血流が瞬間的に不充分になったことを示し、“熱失神”と呼ぶこともあります。
筋肉の硬直とは「こむら返り」のことで、筋肉が痛みます。これは、発汗に伴う塩分(ナトリウムなど)の欠乏により起き、“熱けいれん”と呼ぶこともあります。
大量の発汗については、暑いと汗をかく、あの状態です。

中度の熱中症になると以下のような不快な症状が発生します。
 ●頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感

からだがぐったりしたり、力が入らなくなります。
“熱疲労”“熱疲弊”と言われていた状態です。

重度になると以下のような命の危機的状態になります。
●意識障害・けいれん・手足の運動障害 
●高体温 
呼びかけても反応がおかしい、からだにガクガクとひきつけがある、真直ぐ走れない・歩けないなど。これは、立ちくらみなど、脳への血流が瞬間的に不充分になったことを示し、“熱失神”と呼ぶこともあります。高体温は、身体に触ると熱いという感触です。“熱射病”や“重度の日射病”と言われていました。

私は、外出先から戻ってから、軽度から中度の境ぐらいの感じになり、 吐き気と倦怠感がひどく、ネットで熱中症の症状を検索して該当したのでした。

対策は
まず冷やす! 部屋もエアコンで冷やしました。
水分補給! 冷えた麦茶を飲みました。

しかし、吐き気と頭痛がひどくなって、どうしたものかと思っていました。ふらふらしながら調べたら
塩分も必要!
とりあえず塩を舐めて乗り切りました。というか、塩分を摂ったら急速に意識がはっきりしてきました。

意識があったので自分でなんとかできましたが、身体が動かない! という危険な状態になる前に携帯を手元に置いて、ほんとに無理そうなら病院に行くのがいいですよー。

この夏はお風呂もぬるくして気をつけてます。