ブログネタ
エアコンの失敗談ありますか? に参加中!
築10年の物件に住んでいたときのことです。
そのころはエアコン掃除なんてフィルターを掃除すればいいものだと思っていて、エアコンから臭い風が出てくるのは仕方ないんだと思っていました。

7月ごろになり、またエアコンの季節〜と思ってリモコンスイッチを入れたら。。。
黒い塊がぼとっぼとっ!
え! 虫? まさかG? と思ってびびっていたら、それはカビ。。。
エアコンのフィルターを掃除したけどそんなに汚れていないし、風も最初だけ臭いけど、しばらくしたら普通になるし、、、なんだこれ? と思って黒い物質が落ちてくる場所を調べてみたら。。。

あ! 風が吹き出してくる口の奥の方、
真っ黒!

 速攻ネットで検索して調べました。

そしたら、エアコンって掃除しないと大変なことになるそうです。
分解掃除というのをしようと良さそうな業者に連絡したのですが、予約まちで秋になっちゃう。
じゃあ、自分でやってみよう! と通販でエアコン掃除のグッズを購入して試してみました。
使い方は説明書を見ながら。試行錯誤して試したら、なんか黒い水が出てきた。。。

でも全然足りない!

まだ真っ黒なんですよ。

そこからは毎日エアコンの奥を割り箸にキッチンペーパーを巻いたものでほじほじ掃除の毎日です。
普通に拭いても落ちないので、キッチンクリーナーをつけて。

それがいけなかった。。。

キッチンクリーナー自体は汚れを相当落としてくれたのですが、化学物質がエアコンの風に乗って舞い降りる、ということは私はクリーナーを吸い込んでいたことに!

咳喘息になってしまいました。

黒カビのせいだと思っていたけど、アレルギー反応せず。

エアコンを入れると相変わらず黒い粒は落ちてくるし、なんか最悪でしたよ。

結局、管理会社に連絡してエアコン取り替えてくれって交渉したらそれはできないと言われ、
じゃあ、クリーニングしてくれと頼んだら業者が来てくれました。分解まではやってくれなかったけど。それでもかなり真っ黒い水が奥から出てきてだいぶマシになりました。

ま、それでも時間が経つと臭くなってきて、本格的に分解しないとだめっぽいですね。
エアコンって送風機能でエアコン内部を乾燥させておかないと、すぐカビが生えるそうです。
今はその部屋から引っ越しましたが、その教訓を生かして、エアコン使ったら必ず送風で乾燥させて臭くならないように気をつけています。

そして何よりも、カビも怖いけど、クリーナーとか洗剤みたいな化学物質も気をつけないと。
 咳喘息はだいぶよくなったけど、風邪ひいたりすると症状がぶり返すので、ほんと厄介です。

あと、賃貸物件、エアコンとか見えない部分の掃除もちゃんとしてほしいよね。